HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2020年11月14日【議員活動レポート】街頭演説実施

11月14日(土)早朝8時30分より街頭演説を行うため自宅を出発!!

今月11月は「児童虐待防止推進月間」となったおり、

児童虐待防止対策の強化について、これまでの公明党の取り組みを紹介。



2018年度に全国の児童相談所に寄せられた虐待の相談対応件数は15万件超です。

そして、調査開始の1990年度以降、相談対応件数は毎年最多を更新している実態がある。

そして、2018年度には、50人を超える子どもが虐待によって命を落としております。



また、昨年1月には千葉県野田市で女児が虐待で亡くなる痛ましい事件が発生!!

公明党は「しつけ」に名を借りた体罰を一掃するための法整備や

親が子を戒めることを認める民法の「懲戒権」の在り方の見直しなど

再発防止策を求める緊急提言を翌月の2月に政府に提出しています。



昨年6月には、公明党の提言が随所に反映される形で、

親などによる体罰の禁止や児童相談所の体制強化策などを定める児童福祉法等改正法が成立。

一部を除き本年4月から施行されております。



改正法では、子どもへの「しつけ」と称した体罰が虐待につながっていることから、

「体罰の禁止」が明記。

民法の「懲戒権」については、

体罰などを容認する根拠にされないよう施行後2年をめどにあり方が検討されることに。



現在、新型コロナ感染症の影響で、

子どもの見守り機会の減少で児童虐待のリスクが高まっておりますが、

“児童虐待を起こさせない社会”の実現に向け力を尽くしてまいります。



本日は天候にも恵まれ、気温も上がり最高の街頭活動日和でした。

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.