HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2018年11月16日【議員活動レポート】街頭演説実施

11月16日(金)遠藤議員と私で鯖江市と越前町の

6地点で街頭演説を行いました。



今回の演説内容は、

「児童虐待防止対策」における公明党の取り組みについて。



2016年度に全国の児童相談所に寄せられた虐待の相談件数は、

その5年前(2011年度)に比べ、約倍の12万件超。

調査開始された1990年度以降、25年連続最多更新中ということです。



また、

2016年度は虐待によって77人の子どもが尊い命を無くしているとのこと。

このような状況下、

本年3月に東京都目黒区で発生した女の子の虐待死事件では、

幾つかの課題が明らかになってをります。



明らかになったことは、

亡くなった女の子の家族は本年1月に香川県から東京都に転居。

香川県と東京都の児童相談所間での虐待の危険性などの情報が

適切に共有されていなかったということ。



東京都の児童相談所が自宅を訪ねていたが、

親に拒絶され女の子に会えず、

幼稚園にも通っておらず、家族以外との接点がなかった。



こうした事実の判明によって、6月13日、公明党山口代表は

「安倍総理が関係省庁連絡会議を主催し、

政府あげて自治体の連携強化をバックアップする取り組みが必用」と提言!!



これにより、緊急対策として、

児童相談所の支援を受けている家族が転居した際、

緊急性が高い場合は対面での引き継ぎを原則をすることの徹底や

児童相談所が虐待通告を受けた際、

48時間以内に子ども安全が確認できない場合は、

児童相談所が立ち入り調査の実施、

警察と児童相談所間で共有情報の明確化について、

全国共通ルールになりました。



また、政府は公明党の提言を踏まえ

「児童虐待防止対策体制総合強化プラン」

を年度内に策定すことになっており、

22年度までに児童福祉士の2000人増員することや

「子ども家庭総合支援拠点」設置促進によって

児童虐待防止対策が強化されることを期待したい!!



以上のような内容をお話させていただきました。

所用時間は約2時間45分、

天候にも恵まれ終了することができました。

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.